2007年08月11日

ヤマメ釣りは本流渓流!

ヤマメ釣りというと一般的に渓流釣りを思い浮かべるかも知れませんが、実は本流渓流と呼ばれる、渓流よりやや下流の川幅が広くなった地点でも楽しむことができます。最近では釣り道具も進歩していることから、ゲームフィッシングとして若者にも注目されています。

ヤマメは水温が高くなると動きが鈍り、弱る傾向にあることから比較的高地で水温の低い場所が格好のヤマメ釣り場といえます。解禁から1ヶ月ほど、また禁漁間近が比較的水温が低いこともあり食いつきがいいといわれています。また朝の早い時間に川に入るのもお勧めです。

ヤマメ釣りは主に瀬釣りと呼ばれるつり方で、魚から釣り人が見えやすいということがあります。魚は上流向いているので、不用意に上流から近づかず、慎重にポイントの下流から低い姿勢で近づくことが大切です。また一旦場所を決めたら不用意に左右に移動しないことも重要です。

ヤマメ釣りの上級者はポイントごとに目印とオモリの位置関係や水流とオモリの数、大きさなどを気にしてその都度交換しますが、初めての場合はそこまで気にする必要はありませんので、渓流釣りの最低限のマナーを守って楽しめばよいでしょう。まずは経験を積むことも楽しみのひとつなのです。


RSS関連リンク
久しぶりのヤマメ釣<利根川>
2007.07.09久しぶりにヤマメ釣りに行って来ました、竿はパワーゼロの80-85で糸は前までは流し方や仕掛けは伊藤稔さんのゼロ法を参考にしていましたので伊藤さんのビデオや本を読んでほぼそんな感じでやっていましたが大物が掛かると水中糸の結び目から ...

ヤマメ釣
今回はウッチーさんの行記です。 今年度のサクラマス行は全てにおいて不本意な結果で終わってしまった、一年だった大型のマスに相手にされなくなった(...
posted by ヤマメ釣 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4997769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック